店舗開業で失敗しない為に押さえておきたいポイントとは?

店舗企業は、軌道に乗れば多店舗化も図れ、大きく店舗拡大して展開される方も多くいます。しかし、1年以内で閉店するお店あり、開店したと思ったら違うお店になっていた、と言う経験もありますよね。ここでは、お店を開業するにあたって、店舗開業で失敗しない為に押さえておきたいポイントをお伝えします。

店舗開業する上で必要なこととは?

店舗開業

➀お店のコンセプトを決める

先ずお店をオープンする為には、自分が開くお店を一体どんなお店にするか、お店のコンセプトを決めることが一番の作業です。コンセプトと言うのは、お店の柱となる大事な部分であり、物件探しやメニュー決めなどの際にも基準となる為、しっかりコンセプトは考えて決めましょう。
コンセプトを決めるコツですが、お店に来店して欲しいターゲットを決定すると、コンセプトが決めやすくなります。具体的に言うと、どんな人にお店に来てほしいのかをはっきりさせると、誰にどんな価値をお店で提供したいかも明確になってきます。これこそがコンセプトを決める際にヒントになり、重要なポイントでもあります。多くの人にお店に来店して欲しくても、来店客のターゲットは曖昧にせず明確にするのが大切です。
ターゲットが定まっていないのであれば、お店に来たお客様に何をすれば喜ばれるか、それが不明確になっているの、そう言った状況ではモノやサービスを的確に提供していくことが難しいです。なので、コンセプト決めではしっかりターゲットを定めることで、お店の売りとなる部分もしっかり打ち出していくことが出来るのです。

ポイント

しっかりお店のコンセプトを立案する

お店を開業して成功するには、ある程度時間をかけてコンセプトを立案することも大事です。コンセプトが不明瞭な状態での開業準備は、内外装デザインとメニューマッチしない、お店の売りが分かりにくいと言うような、お店にとって大事な問題に発展します。折角、お店を開業するのであれば、魅力的なお店作りがしたいものです。なので、自分が開くお店のコンセプトは必ず設定しましょう。

②お店の物件探しをする

お店を開業する際の物件を探しでは、ターゲットが多くいるエリアの選択が良いです。殆どターゲットがいないエリアにお店を出しても、自分のお店のコンセプトに沿った店づくりが出来ていても、来客者を見込んでいくことは出来ないからです。
ターゲットが多いエリアにお店をオープンすれば、それは繁盛店となっていく上でも必要なことです。そうは言っても、ターゲットが多いエリアも一箇所だけを見て決定することは止めましょう。お店に来店してくてる来客数は稼ぐことが出来たとしても、家賃が高過ぎれば売り上げとの採算が合わないので、お店が赤字になる恐れもあります。家賃と言うのは、毎月必要な固定費になるので、費用対効果も考慮することも大事です。
なるべく多くの物件を見てみて、それらを比較・検討するのがお勧めです。物件が幾つか絞れたら、時間帯ごとの通行人数や属性などを確認しまし、また、近くにはどんな店舗があるのかの確認も大事です。

ポイント

業態に応じた物件の選定をする

店舗開業する際には、各業態に応じた物件選びが大切です。提供メニュー、設置する厨房機器、調理や商品提供が可能かなど、どんなお店であるかが重要になります。例えば、30~40代女性が親子利用できるカフェ、そんなお店をオープンさせたい場合、オフィス街よりもファミリーが多く住むエリアでお店を構えた方が、ターゲット層が利用しやすくなりますよね。このように、店舗物件を選ぶ際には、お店のコンセプトと一緒に業態に応じた物件であるかチェックしましょう。

③事業計画書作成・資金調達

事業計画書が必要なケースと言うのは、金融機関からの資金調達だけと思っていませんか?ですが、お金を借りる予定がなくても、事業計画書作成で損をすることは無いです。その理由は、初めにどの位の利益をいつまでに出すか決めておくことで、計画的にお店の経営を行っていくことができるからです。事業計画書の作成は、どう自分の店を成長させていくかの道筋になり、ターゲット層のニーズ分析、対応策、店との差別化など、色々役立てることが出来ます。

ポイント

資金調達では、ある程度まとまった資金があることが開業には必要な条件です。全額を自己資金で準備するのは難しい面もあるので、公的融資や補助金制度を利用することで不足資金を賄うことが出来ます。資金調達の際には、お店のコンセプトの明確化はもちろん、事業計画書作成でビジネスプランの説明が出来るようにすることが大事です。事業計画書作成では、どの程度の事業資金が必要か、店舗継続していく為の必要な売上金額など、このような点をはっきり提示出来ることが大事です。売り上げ計画や収支計画まで計算された計画書であると、資金調達もスムーズに進む行える場合が高いです。

④手続き関係

店舗開業を行う際には、保健所や消防署と言うように各機関へ必要な届け出があります。お店の業種によって、必要な資格や免許があります。資格や免許が必要になれば、講習を受講することが必要です。新規に事業を起こした場合、個人事業の開業届出書も提出義務になっています。個人事業の開業届出書の場合は、青色申告に必要な届け出になります。

⑤集客

お店の開業では、最大の悩みでもあるのが集客です。ただお店を作ってオープンすれば、自ずと多くの人が自分のお店に来店してくれる訳ではありません。自分のお店にお客様が来てくれるように、集客施策を行う必要があります。店舗集客の手段としては、看板設置、チラシ配、また、現代ではりSNSも定番です。近年SNSの普及によって、お店の集客手段としてSNSを取り入れる店舗は増加しています。また、集客施策では他店との差別化も重要になってくるので、例えば、イベントの実施、サブスクサービスの用意、変わったメニューの提供など、自分のお店ならではの個性をアピールすることで、それが他店との差別化に繫がっていきます。

店舗開業に必要になる備品とは?

店舗開業

店舗開業には、もちろんお店づくりや集客施策の大切ですが、それと同時にお店で必要になる機器や備品を揃えることも忘れてはいけません。先ずは、OA機器が挙げられます。PC、電話機、コピー機、シュレッダーなど、お店の運営でこれらは必要なアイテムです。もし、「新品購入はコストがかかる…」のであれば、OA機器の中古やリースと言う選択肢があります。また、店内の家具も大事ですよね。
イス、テーブル、本棚、絵など、お店に必要な家具も用意しましょう。お店に置く家具に関しては、開業するお店の内外装のデザインに合ったものを用意し、空間に統一感を出すようにするのがポイントです。他にも、事務用品も揃えましょう。ハサミ、糊、クリップ、セロテープ、領収書など、事務用品も開業前に揃えておきたいアイテムです。事務用品は用意するアイテムが多いので、必要なものを書き出してから購入するのが忘れることが無くお勧めです。

まとめ

店舗開業

ここでは、店舗開業で失敗しない為に押さえておきたいポイントをお伝えしてきましたが、いかがでしたか?店舗開業は、開業するまでに必要な準備がしっかり出来ているかどうかで、その後の運営にも影響します。無事、お店のオープンを迎えられるように、また、オープン後も継続していけるように、万全の準備で行っていきましょう。